水回りのリフォームをするなら給湯器も交換しよう|メリットとは

給湯器

湯沸し器を取り付ける

窓と給湯器

取り替えるメリット

水回りの設備をリフォームするときには、一緒に給湯器の交換を行うことで、安心して湯を使う事ができます。一般的に給湯器は10年程度で故障のリスクが高くなるため、機会があれば早めに交換をしておくことが大切です。他の工事と一緒に給湯器の交換を行うことで、別々に工事をするよりも費用が割安になります。特にお風呂のリフォームをするときに、給湯器の交換を一緒に行うことで、大幅に費用が安くなるためお得です。最新の給湯器に交換することで、以前にはなかった様々な機能がついているため便利になります。追炊き機能や自動湯はり機能が付いている事によって、快適に入浴する事ができますし、浴室乾燥が付いていれば浴室で洗濯物を乾かせます。以前の給湯器に比べて効率よくお湯を沸かせる製品が増えているため、最新の製品に交換することでガス代や電気代が安くなります。新しい給湯器に交換すれば年間にして1万円程度は光熱費が安くなるため、古い設備を使っている人は早めに交換しましょう。給湯器を交換する費用は、設備の種類や能力によって変わり、給湯能力や機能が多い製品ほど値段は高くなります。3人程度の家庭に適した給湯器を交換するときの費用は、給湯専用で10万円程度、機能が多く付いた製品だと15万円程度が相場になります。高機能の給湯器は初期費用は高くなりますが、高効率で燃焼する事ができるため、長い目で見ると経済的です。従来の設備に比べて湯を沸かすときのエネルギーを、10%程度減らす事ができるため地球の環境にも良いです。

リモコン

お湯の使用量に合わせて

給湯器は、お湯の使用量で選ぶ必要があります。一人暮らしの場合は小ぶりな16号や20号を、家族が多い場合は、多くのお湯を作ることができる24号を選ぶといった具合です。また後者には、発電機能や床暖房機能がついているものもあります。導入すれば、電気料金が安くなることから、経済的な負担が少なめとなります。

リモコン

お湯が出ないを直す時には

給湯器の修理依頼は、確実な知識と技術を持って対応を希望する場合はガス会社か給湯器メーカーを選び、費用面や保証面を考えたりメーカーの幅広い対応を望む場合は業者が向きます。業者は良質なところを選ぶことが大事で、信用性を重視しましょう。

給湯器

大まかな修理費用目安

中には15年使い続けているという人もいますが、給湯器は8年か10年が平均寿命です。使用年数によるものの、普段使っていて何の異常も感じなかったという場合は、交換ではなく故障箇所の修理がいいかもしれません。メーカーに頼むと最低でも出張点検費として5000から8000円はかかります。