水回りのリフォームをするなら給湯器も交換しよう|メリットとは

作業員

お湯の使用量に合わせて

リモコン

号数や機能を選択

給湯器を交換する際には、日常生活でのお湯の使用量を考慮して、最も費用負担が少なくなるものを選ぶことが大事です。具体的には、一人暮らしでお湯を多く使わない人には、16号や20号といった、比較的小ぶりな給湯器が適していると言えます。これらはサイズが小さい分、一度に沸かすことのできるお湯の量も少なめとなっています。つまりガスや電気などのエネルギーを多く使用せずに済むということですから、月々の光熱費もかかりにくいのです。一方家族の人数が多い場合は、24号の給湯器を選ぶ必要があります。短時間で多くのお湯が作られるので、浴槽が大きくても、スムーズにお湯張りができます。さらに、お湯張りの最中に、台所でお湯で皿洗いをするといったことも可能なのです。もちろんその分エネルギーは多く消費することになりますが、昨今ではお湯を作る過程で、電気も作り出すことができるというガス給湯器も販売されています。これを導入すると、お湯を沸かせば沸かすほど、電気が多く生み出されるようになります。ガス料金は高くなっても電気料金は安くなるので、経済的な負担は増えにくいと言えます。さらに、浴室暖房や床暖房などにお湯を利用できるタイプの給湯器もあります。これは、作ったお湯を床や壁の内部で循環させることで、室内の温度を高めていくという仕組みになっています。ストーブなどの暖房器具を使う必要がなくなるので、これにより電気料金は一層安くなるのです。